便秘の種類

便秘には大きく「機能性便秘」と「器質性便秘」のふたつに分けられて、そのうち機能性便秘は弛緩性便秘・けいれん性便秘・直腸性便秘に分けられます。

弛緩性便秘は腸のぜん動運動が不十分で便が滞ることでおこります。食物繊維の不足が原因で最もポピュラーといわれるタイプで、腸の中でだんだん水分が吸収されることによって便が固くなります。残便感やおなかの張りのほか、ニキビや肌荒れなどのトラブルがおこります。

けいれん性便秘は腸が過度に緊張してしまうことが原因です。腸が活発に動きすぎて下痢になったりうまく便が運ばれずに便秘したりを交互に繰り返します。腹痛や残便感のほか、コロコロとしたウサギのふん状の便がみられるでしょう。

直腸性便秘は便が肛門の出口付近の直腸に長く滞っている状態です。便意を我慢していると直腸に便がある状態に身体が慣れてしまい、排便の反射がおこらなくなることが原因です。また、下剤の長期使用により腸の神経が鈍ることでおこる場合もあります。

器質性便秘は腸の腫瘍や炎症などの病気によるもの、また生まれつきの腸の長さや大きさの異常による便秘です。血便や激しい嘔吐・腹痛があったときはすぐ医療機関を受診しましょう。